腱鞘炎の総合情報サイト

全国からこうして痛めた、こうして治ったをご紹介

梅雨時期の腱鞘炎

湿気が多くなる梅雨の時期になると、体の不調を訴える人が多くなります。
梅雨
よく言われるのは、膝や腰など関節付近が痛くなるという事ですが、これは天気痛と言います。気圧の変化により自律神経系が異常になり痛みなどを引き起こしてしまいます。

私の知り合いに気圧の変化にとても弱い人がいて、その方は飛行機に乗ると体調が悪くなると話していました。気圧が急に下がるからでしょう。

ペットボトルを飛行機に持っていくと、いつの間にか空のペットボトルが潰れているのに気がつきます。それと同じような状況が、人の体の中でも起こっているのですから体調がおかしくならない方がすごい事なのかもしれません。

台風が接近してきて気圧が低くなると、我が家のワンコは引き付けを起こします。生物と気象は密接な関係なのです。

さて、少し話しがそれてしまいましたが、梅雨の多湿の状況も、人体には様々な影響を及ぼします。

急に雨が降ったり、止んだりする梅雨は気圧が急に変化するという事。急に変化する環境により血行が悪くなり、関節痛、腱鞘炎さえも引き起こすのです。

手術以外に腱鞘炎を治療する方法